スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医学部入試への一年間。

科目別に書こうと思ったのですが、ほぼ河合のテキストのみで3年間勉強した僕に書けることはほとんど無いということに気がついたので、とりあえず来年の受験生向けにガイドライン的なものを書いてみます。

まず目標はそれぞれでしょうが、ここでは総合大学かつ偏差値70前後の医学部を意識して書いていきます。
東北・千葉・名古屋・神戸・九州などですね。
それより偏差値の低い大学の場合は、以下に記載する偏差値の目安からその差を引いてもらうといいと思います。

単科大は問題が独特で、全統記述が当てにならないので除外します。
また、東京・京都・大阪は偏差値70を普通に越えていますので、僕が言えることは皆無です。


さて、前置きはこれくらいにして・・・

まず新高校3年生の方は、出来るだけ早く予備校に通うことをお勧めします。
中高一貫などでない限り、高校の勉強では足りません。
僕は公立高校で予備校に行かなかったのですが、失敗でした。
現役生に申し上げることは他に特にないので、浪人せずに済むよう全力で頑張ってください。


ここからが本題、浪人生に向けてです。
僕の1浪時の経験をメインに書きます。
2浪はほぼ無勉、3浪は直前しか勉強しなかったので参考になりません。

まず、予備校に入りましょう。
大学合格を最大の目標に頑張れる人は宅浪でも行けるかもしれませんが、僕みたいに受かっても大して嬉しくもない、つまり大学受験は医師になる為の手段としか捉えられない人は絶対に通った方がいいです。
基本的に河合について書きます。

前期は全力でテキストの予習復習してください。それだけです。
終わらなかったら夏に回してもいいです。
とにかくテキストを反復しましょう。
前期の模試の成績は気にしなくていいです。
ちなみに僕の第一回全統記述の偏差値は62.5でした。

夏は前期の復習がメインでいいと思います。
僕は英数化生で4つの夏期講習を取りましたが、いりません。お金の無駄です。
苦手科目があれば一つくらいは受けてもいいかもしれません。
その代わり、市販の問題集をやるといいと思います。
僕はテキストの復習と夏期講習でいっぱいいっぱいでした。
とにかく前期のテキストを大事にしてください。

夏明けの記述模試が目安になります。
出来ればここで偏差値70前後を取りましょう。
僕は第2回全統記述模試で偏差値70.5でした。
ここで65を切るようなら、志望校を下げることをお勧めします。

後期の授業は前期より難しいと思うので、前期ほど完璧に仕上げる必要は無いです。
というか僕は不可能でした。
秋の大学別模試などに向け、実践力を養ってください。
ここで出来ればB判定、少なくともC判定を取れなければ諦めましょう。
ちなみにC判でとんぺー受かった友達は複数いました。D判は多分ゼロです。
僕はC判でした。

12月前半で授業は終わると思います。
ここからがちょっと難しいです。
受ける大学のセンター二次比率をよく考え、いつセンターに切り替えるかを見極める必要があります。
二次で使う科目は12月いっぱいはセンター対策は不要だと思います。
しかし国語社会は継続してやっておくべきです。
僕は現代文・漢文・地理はある程度自信があったので放置していましたが、危ないのでやりましょう。
二次試験対策はそろそろ過去問とかをやってみてもいい頃です。

ちなみに僕はこの時点で親に受けたかった大学を受けるなと言われ受けられなくなってしまったので、12月から二次試験までほぼ無勉になりました。
今となってはどうでもいい話です。

さて、センター試験が終わり二次試験対策に移ります。
テキストの復習と過去問演習、これに尽きます。
記述模試で偏差値70行く人は、最後まで粘ってやれば大体受かります。
諦めずにいきましょう。

あとは頭の良し悪しでしょう。
僕は現役時、秋までほとんど受験勉強していない状態で第3回全統記述の偏差値は59でした。
学校の授業と一夜漬けの定期考査対策のみで、最低でも60前後の成績が取れる頭は必要かと思います。

何より医学部に入ることが重要ですから、あまり大学には拘らない方が良いのかもしれません。


以上です。
すごくいい加減な感じでごめんなさい^^;

とにかく言いたいことは
「迷ったら大手予備校にとりあえず入っとけ!」
ってことです。

それでは。
スポンサーサイト

テーマ : 医学部受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺もmikazuki7さんと全く同じやり方やってましたね。

夏休みまではひたすら基礎固めと、勉強体勢の構築のために
予備校の授業の予習復習は徹底してました。

こうでもしないと、やはり高校と違って束縛力がない予備校では
すぐにリタイアしてまうことが多いですもんね。

俺の今年の敗因はやはりセンターの点数でしたね。
二次試験は解答速報や周りの同じ大学の受験生との
答え合わせで数学は7割~、理科はほぼ満点、英語ェ……
でしたからね^^;

やはり、医学部に行こうという人は常に意識を高く持つこと、
手を抜かないこと、妥協しないこと、これが大事っすね。

No title

やっぱ大手予備校に入って素直にそのテキストやり込むのが一番ですよね。
生物は基礎知識をまず徹底的に叩きこんで、その後考察問題を演習するという感じですかね?

虫話ですが、17日に東京開催のブラックアウト行ってきます(^o^)丿
実は初めてなんですよね(*^_^*)
どんな感じかワクワクしてます。

No title

>シュナイダーさん

やはり基礎が一番大事ですよね。
基礎ができていると後に応用をやる際、すんなり入ってきます。

センターは難しいですよね・・・
僕は運良く乗り切れましたが、運が悪いと実力があっても崩壊したりしますから・・・
正直上位大学では学力をみるのに不適切な気がするので、僕は個別試験だけにするべきだと思います。

意識という意味では、今年は模試の結果をここに晒すと決めていたことで、今年は本気で模試に向かっていた気がします。
(普段の勉強は相変わらずグダグダ&短時間でしたが^^;)

No title

>ひょーどるさん

予備校で勉強するのは無難な方法かと思います。

生物は・・・
僕は好きで現役時勝手に勉強していたのであまり計画立ててやったこともないですし、浪人してからはテキストの予習と授業だけでした。
現役時やっていたのは三省堂の生物Ⅰ・Ⅱの総演習のみです。
これ、分厚くて一冊で完成すると思うのでオススメです!
あとは図説・資料集を読み込むといいと思います。

マ マジですか!!!!(゜ロ゜)
羨ましすぎます・・・!
僕もいつか行ってみたいです~((((;゚Д゚))))

No title

>頭の良し悪しでしょう

そう・・・!これが最大の壁・・・!
平均的な公立高校で定期試験の一夜漬けだけで河合記述偏差値60前後の人ってなかなかいない気がします。
予備校のデータでも偏差値60前後から70前後になる人って極少数のはずですし。
みかずきさんはやっぱり地頭もいいと思うのです。
あと、みかずきさんは2年間無駄にしたって日記に書かれてましたけど、自分はそうでもないんじゃないかなぁって思います。
よく遠回りしがちな自分の経験からすると、2年遅れて入ることでしか出会えない友人や彼女ができますし、案外遅れて入ったことで出会うことになる人と結婚したりして後で良かったなって思うかもしれませんよ?^-^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>blueさん

これまで凄すぎる同級生をたくさん見てきたので、地頭が良いなんて言えないです・・・
(例えば塾も行かずに2010センターで9割以上取り、AOで東北医に行った人や現役東大理Ⅲなど)

高校は入試偏差値70程度の地元で一番良い高校で、一応倍率3倍程度の推薦入試の入学者だったりします^^;
その後は部活に明け暮れ、過去の栄光ですがw

遠回り、いいこともあるんですかねぇ・・・
きっと今後運良くそういう巡り合わせがあれば、無駄じゃなかったと思える時が来るんでしょうかね^^
プロフィール

mikazuki7

Author:mikazuki7
よろしくお願いします^^

ランキング
↓クリックお願いします^^
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。